【集客】発信ツールを選ぶ前に考えること

こんにちは!

セールスコーチChikaです。

 

今日は、クライアントさんとのセッションの中でもよく出てくるフレーズ

 

「何で集客したらいいんですか?」

 

にお答えします。

 

何で集客したらいいの?に対する私の回答

集客方法はどうすればいいか?の問いに対して私の答えは決まっています。

「いったん、ツールの話は置いといて・・・」です。

コンサルやってるのに、クライアントさんからの質問をスルーするという・・愚行。

ではなく(笑)

その前に考えるべきことがあるからなんです。

 

ツールに惑わされる時代

現代はツールが無限にあります。

そして、いろんな起業家がいろんなツールで成功をしています(しているように見えます)

その中で、選ぶ基準は。

「あなたのお客様がどのツールを利用しているか?」です。

いくら流行りのツールで頑張って発信しても永久にビジネスを成功させることはできません。

そこをしっかり把握してから、ツールを選びましょう。

 

ツール別、メリット・デメリット

では、無数にあるツール。

それぞれどのようなメリットデメリットがあるのか見ていきましょう。

 

アメブロ

【メリット】無料で始められる。初心者がブログを書きやすい。アメブロ内でやり取りをしやすい。

ビジネスで使っている人が多いので、起業家をターゲットとしたビジネスをやる場合に有効。

 

【デメリット】SEOに弱い。そもそもターゲット顧客が存在していない場合、意味がない。

 

Facebook

【メリット】発信のしやすさ。コミュニティを活用する場合は有効。セミナーなどの告知がしやすい。有料広告が出せる。

【デメリット】投稿が流れていってしまう。濃いお客様を作りづらい。コミュニティが苦手な方には不向き。

 

Instagram

【メリット】画像、動画など「視覚に訴えるもの」を販売する際に有効。ハッシュタグなどで拡散しやすい。女性をにしやすい。お手軽。

【デメリット】投稿が流れていってしまう。濃いお客様を作りづらい。写真が苦手な人には難しい。

 

ワードプレス

【メリット】SEO対策がされている。検索されやすい。投稿記事が財産になる。ファンを作りやすい。

【デメリット】費用が掛かる。設定が難しい。PC知識が必要になる。

 

 

ツールに惑わされない者の一人勝ち

流行りのツールに片っ端から手を出していくことはおススメしません。

なぜなら、発信すること自体が目的になり集客、サービスづくり、商品の質を上げることに時間を取れなくなるからです。

大切なのは、あなたのお客様がどこにいて、どんな商品・サービスを必要としているか?を考えること。

そのためにツールがあります。

業種によっては、オフラインのほうがいい場合もあります。

成功している人は、ツールに惑わされません。

お客様のことを考えて、上手くツールを選びましょうね!

 

まとめ

いかがでしたか?

情報が溢れ、どんどん新しいツールが出てくる現代。

ですが、いつの時代も商品・サービスが売れる仕組みは一つです。

お客様が必要なものを提供すること。

目標とする売り上げを達成するためにはどうしたらいいかを逆算していきましょう。

 

 

 

P.S より実践的な内容を無料メール講座でお伝えしています。

新規集客に頼らずビジネスを安定させたい方はご登録してください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です