セールスコーチChika(ちか)

銀行員、アパレル販売員、パーソナルスタイリストを経て、起業家のサポートを開始。

自信のトップセールスの経験をもとに、セールス・集客・マーケティング・顧客心理・を学び、クライアントが確実に、且つ楽しく結果を出すためのセッションを提供している。

お客様から”欲しい”と言われるビジネスをクライアントと一緒に作っていくスタイルが好評を得ている。

<過去の実績>

~銀行員編~

  • 金融商品販売において、リーマンショック前後の経済混乱機にもかかわらずコンスタントに契約を取り、外回りの男性職員を抜き、営業成績はトップ
  • 個人のお客様から、4,000万円の保険契約を取り、当時の支店最高額をたたき出す
  • 金融商品の売り上げを前年の5倍に伸ばした一員として当時の日経金融新聞に掲載される
  • 金融商品担当わずか1年で実績が評価され、支店長から直々に「セールス手法のマニュアルを作成してほしい」と言われ、独自の販売マニュアルを作成

 

~アパレル販売員編~

  • 外資系アパレルブランドで「接客担当」として週3日20時間の勤務の中で 一日の予算を開店から2時間で達成することも珍しくなく、月間の売上は社員を抜き1位になる活躍もしてきた
  • 社内で行われた「ユニフォーム着こなしコンペ」(スタイリングを競うコンペ)では、全国250名の中から1位に選ばれ、表彰をされた。
  • 接客術を競う「ロールプレイングコンテスト」では、指導したスタッフが優勝するなど、育成の面でも活躍の場を広げた
  • 自分が接客した、*ミステリーショッパーからの採点が平均80点取れば良しとされるところ、前代未聞の100点満点評価(※お客様に扮して来店し、スタッフの接客を評価するプロ)

 

<これまでのストーリー>

 

【セールスの本質を知り、4,000万円を売り上げる】

20代で、初めて就職した銀行で金融商品のアドバイザーを任されセールスの第一線で仕事を始めました。

どんなに頑張って商品説明やアプローチをしても、全く売れず、クレームを言われるダメダメセールスを行い、一度は鬱になりかけていました。そこから、トップセールスを誇る先輩のアドバイスをもらい、

セールスとは「商品の良さを伝える」ことではなく、お客様の話をよく聞き

”お客様の悩みに商品を当てはめること”と言うことを学び、瞬く間にトップセラーに躍進。

個人顧客から、4,000万円の保険契約を頂いたり、売上を前年比5倍に伸ばした一員として、日本金融新聞に掲載され、自信のセールス手法をマニュアルとして残すなど、実績を残してきました。

 

無難に生きることを選択し、苦しくなった結婚生活

銀行員の仕事に誇りを持っていたものの、「女の幸せ=結婚」という考え方から、25歳で結婚し、あっさり銀行員の職を手放すことに。

ほどなくして長男を授かったものの、もともと仕事が好きだった私は「今の自分には生産性がない」と悩み始めます。

「このまま、私は自分が好きなことや、やりたいことを我慢し続けて生きていくのだろうか・・・」と悩みつつも、無難に周りのママたちと合わせて過ごすことを選択しました。

考え方も、働き方も、みんなと同じようにしていることに苦しいと感じながらも何もできずに毎日を消費。

どんどん、本来の自分とかけ離れていくことに恐怖心すら持っていました。

 

【個性的なファッションブランドで自分を解放】

どうしても、外に出て働きたかった私は、子どもが幼稚園に上がったタイミングで、もともと自分が大好きだった超個性派ブランドで働くことを選択。

日々、自分の好きな洋服を着て、接客をしているうちに、他人の目を気にせず、着たい服をきて、お客様とお話をし、スタイリングとセールスをすることや、お客様の人生に寄り添うことで、生まれる笑顔が何よりも好きだと言うことを思い出すことに。

週20時間の勤務時間の中で、延べ2,000人以上のスタイリングを手掛け、売上は社員を抜きトップに。

また、自身もスタイリングを競うコンペで全国でトップになるなど、経験を重ねてきました。

結婚し、ママになることで忘れていた、「一人の人間としての時間」を過ごすことの重要性」「結果を出すことの喜び」を改めて感じることができ、その経験が次のステップである「起業」を意識し始めるきっかけとなります。

プライベートでも夫からの酷い裏切りをされ、自己犠牲が正しいことではないと悟り、好きなことをとことん追求し、形にする決意を固めていきます。

 

【パーソナルスタイリストとしての起業】

アパレルブランドで実績を重ねるほど、勤務時間が増え、

家族との時間も減り、心身ともに疲弊する割には

給与が上がらない生活から抜け出すために起業を決意。

 

パーソナルスタイリストの勉強や、マーケティング、集客、ライティング等を学び、独立。

起業してわずか2ヵ月で、10件以上のご依頼をいただくなど実績を上げてきました。

クライアントは、プロのカメラマンや、元国際線CA、お料理教室の先生、主婦・・多岐に渡っていました。

 

 

【ビジネスの本質を伝える、セールスコーチとして起業】

パーソナルスタイリストとして数か月がたった時に

ファッションだけではなく、女性の生き方や

働き方そのものをサポートしたいと思い始めました。

 

なぜなら、お客様はファッションを楽しみたいだけではない。

その先に、自分の目標とする生き方を手に入れたいという思いがみなさんに共通していたからです。

女性だからこうあるべき、主婦だから、ママだからこうしなくてはいけないという価値観に捉われ

自分らしく生きることを我慢している人が

まだまだ多いことに気づきました。

結婚して、安定した生活を手に入れたらそれで安泰なわけではない。

どんな状況でも、リスクがある。
それなら、きちんとビジネスを学んで

どんな状況でも自立して稼ぐ力が必要です。

そして、私にできることは何かを真剣に考えた結果、

銀行員や、アパレル販売員として

お客様に向き合いセールスしてきた経験や、そこで得た知識

もとにビジネスをすることだと確信しました。

起業する女性が増えてきましたが、

そのほとんどが、セールスすることへ抵抗を感じていたり、

罪悪感を持っているということが分かりました。

本来セールスとは

商品を通してお客様も自分も「WIN WIN」になることです。

セールスをすることが、苦痛に感じてしまい

せっかく良い商品を持っているのにもかかわらず

起業そのものを諦めるなんてことはしてほしくない!

ビジネスを成功させて、自分自身の人生を

金銭的にも時間的にも精神的にも

豊かに過ごす女性の味方になりたい!

強く思うようになりました。

それまで、主に対面での仕事を続けてきて培った

「お客様の人生に寄り添ったサービスの提供」をベースにすれば

そんな女性のサポートができると考えました。

 

 

【セールスが楽しくなれば、人生は変わります】

起業ノウハウを教えるコンサルタント、コーチはたくさんいますが

対面でのセールス経験があり、「肌感覚」でお客様と接してきた人は

ほとんどいません。

小手先だけのテクニックや、流行りのビジネスではなく

お客様に寄り添うサービス、

「セールスの本質は何か」を伝えていくことこそが

私のミッションだと強く思っています。

紆余曲折あった私の人生ですが、

セールスの本質を身につけ、

対面でお客様と密接な関係を築くことが

出来た経験があったからこそ

どんな分野でも成果を出してこれたと思っています。

その本質を教えてくれた銀行員時代の先輩には

頭が上がりません。

起業という働き方が一般的になりつつある現代で

よい商品を持っている女性起業家はたくさんいる

感じています。

そんな熱い想いを持っている

女性起業家の皆さんと一緒に

筋の通ったビジネスをしっかりと

作っていきたいと思っています。

そして、一人の女性として

仕事もプライベートも楽しんで

生きていくお手伝いをしたいと本気で思っています!

人生いろいろありますけどね。

一緒に頑張っていきましょう!

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

ご質問、ご感想等ありましたらお気軽にメッセージから送ってくださいね。