女性起業家が成果を出すためにやっている3つのこと

こんにちは!

セールスコーチChikaです。

 

今日は、起業で成果を出している人が

やっている3つのことをお伝えします。

 

起業ノウハウを学び

セミナーに参加して

寝る間を惜しんで頑張っているのに

成果がでないとお悩みの方は

ぜひ一読してみてくださいね!

 

 

①見える化をする

 

ビジネスを始めるとやらなくてはいけないことの

多さに気づくと思います。

ペルソナ設定、集客作業、ライティング、心理学、マーケティング、

商品づくり、価格設定・・・などなど

考えることがたくさんあります。

 

どれから取り掛かればいいかわからない!

とりあえず、行動だ!

手あたり次第、行動してみよう!

 

と考え、結局どれも中途半端になり成果が遠のく・・・

というのが、起業初期のあるあるです。

 

そんな時は、やるべきことを「見える化」してみましょう。

ノートに一つずつ書きだしましょう。

「手を動かす」ことが重要です。

 

頭で考えていることを文字化することは

思考を整理することに繋がります。

 

成果の出ない人は、その成果に対する行動が見えません。

行動を言葉にして「見える化」し、明確にすることで

今取り掛かるべきことがはっきりします。

 

頭の中で考えるだけではなく、ノートに書く習慣をつけましょう!

 

 

②愚直に実践。行動は後から

「愚直」というのは、

「愚かなほど素直」という意味です。

起業をされている皆さんは、成果を出すために

あらゆる勉強をしていることと思います。

もしくは、成果がでないから学びます。

 

 

そこで、インプットした情報を

愚直に行動に移せるかが大切です。

 

 

成果を出している人は、とにかく行動をします。

理由は、その情報を検証をしないことには

「成果がでる方法なのか、どうか」が分からないからです。

 

検証というのは、実際に動いてみて

トライ&エラーを繰り返すことです。

 

考えたり、悩んだりするのは行動をしながらでもできます。

新しいことを学び、行動を変えることによって成果も変わります。

 

常に、「まずは行動」と言うことを意識しましょう。

 

 

③少しの成果を受け入れる

 

成果を出す人は、必ず小さな成果を積み重ねます。

そして、どんな小さな成果であっても

「よくできた!」と受け入れます。

 

もし、あなたがセミナーを開催して

100人集めようと思っていたのに

10人しか集まらなかったとします。

 

それを

「目標には届かなかった・・」

と考えるか

「10人集客できた!」と前向きに考えるか

の違いです。

 

 

成果を出す人は、10人集客できたことを

「成功」と捉え

次に100人集めるためにはどうしたらいいか?を

考えます。

 

 

仮に一人も集客できなかったとしても

「セミナーを開催するために集客を頑張った」

と捉え、次回一人でも来てもらうために

やり方を変えます。

 

 

ビジネスを成功させるための行動

一つ一つに目を向け、

小さな成果を自分で評価していく癖をつけましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

成果がでないと、できていないことに

目を向けてしまいがちです。

ですが、視点を変えるだけで

取り組み方も変わってきます。

ぜひ、成果を出すために行動の

一つ一つを大切にしていきましょう!

 

 

 

P.S より実践的な内容を無料メール講座でお伝えしています。

新規集客に頼らずビジネスを安定させたい方はご登録してください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です