起業してすぐ稼げる人の共通点。半年で月収100万円は可能なのか?

こんにちは!

セールスコーチChikaです。

 

 

起業わずか3ヵ月で会社員の月収超え!

起業から1年で会社設立!

年商1000万円は簡単に達成する!

 

 

なんて、甘い言葉が飛び交うビジネスの世界。

果たしてそんなに上手くいくのでしょうか?

 

私は起業して3年たっても鳴かず飛ばず・・

月商100万円なんて夢のまた夢・・・

と思っていませんか?

 

今回は起業してすぐに成果が出ている(ように見える)人はどんな人なのか?

あなたが起業をしてから、成果を出すまでには何が必要なのかを検証していきたいと思います。

 

 

起業してすぐに稼いでいるように見える人とは?

起業をしてすぐに成果を出している人と、『すぐに成果が出ているように見えるだけ』の人がいます。

インターネット上に蔓延している、「すぐに稼げる」という甘いキーワードには裏があります。

それを真に受けてしまうと、精神的ダメージが大きくなり、あなたのビジネスに悪影響を及ぼしますので気をつけましょう!

 

 

既になんらかのビジネスをしていた

すぐに稼げるようになったという人の中には、今現在のビジネスをしてからは3ヵ月で成果が出たけど、すでに違うビジネスをしていたという場合があります。

つまり、違うジャンルで稼いでいて実績もあったのですぐに成果が出たと言うことです。

土台ができ、顧客もそこそこ獲得できていたので、すんなり成果がでたというケースです。

なので、鵜呑みにしてはいけないワードです。

 

 

起業した時期が明確に記されていない

『起業わずか半年で会社員の月収超え!』と聞くと、そんなに簡単に稼げるようになるの!?と夢見てしまいますが、こちらも注意が必要です。

まず、起業した時期が明確ではないこと。

 

「起業しようかな」と思い立った日なのか

実際に集客が出来て商品を販売し始めた時期なのか

最初のお申し込みが入った日からなのか・・・

この起算日が違うだけでずいぶん認識が変わります。

 

また、会社員の月収っていくら?というのも気になります。

大手の商社マンと、零細企業のサラリーマンとではだいぶ月収も違いますし、年代によっても変わります。

 

あくまで、こういったことを声高らかに発信している人は、実際に成果も出してはいますが、自分のビジネスのため(集客、セールスをするため)にわざとキャッチな言葉を使っているだけです。

 

起業初期の方は、こういった甘い言葉に惑わされずに、自分のビジネスと向き合うことが大切になってきます。

 

 

本当に成果をすぐに出している人の共通点

とはいえ、本当に短期間で成果をしっかり出している人もいます。

そんな人の共通点は一体何なのでしょうか?

起業の世界に限らず、経営者や売れているお店は共通して次のことを実践しています。

 

 

自己流でやらない

自分の得意分野で起業を考えると、ついついインターネットなどで情報を習得し、自己流で頑張ってしまいます。

 

そして、思うように成果が出ずに遠回りをしてしまいます。

成果が出ている人は、自己流ではやっていません。

モノを売るのには、ルールがあり、セオリーがあります。

「学ぶこと=真似ること」とよく言われますが、まずは売れている人の真似をすることです。

 

ただ単に、ノウハウやブログの書き方、発信方法を真似ると言うことではなく、その裏にはどんな意図があるのか?というところまでを全て真似をして行きます。

 

そうすることで、ビジネスの基礎が見えてきます。

自己流は、時間がかかるばかりが、成果がでず精神的にも辛くなってしまうのでおススメしません。

 

すぐに行動をしている

こちらも、成功者は必ずやっています。

考える前に行動をすること。

トライ&エラーを繰り返すことです。

 

ある程度、知識をつけてからとか、勉強をしてから・・・と起業初期は考えがちです。

ですが実際に動いてみて、ブログ読者や、お客様の反応を見てみないことには次の行動が出来ません。

 

実際に成果が出るのがどんどん遠のいてしまうのです。

行動をしながらでも考えることはできますし、知識を身につけることが出来ます。

100%ではなくていいので30%くらいの出来でも行動をしましょう!

 

自分の頭で常に考えている

上手くいかないときに、起業の先輩やコンサルタントに意見を聞いたり、やり方を伝授してもらうことがあると思います。

ですがそこで、受け身になってはいけません。

あなたのビジネスをやっていくのはあなた自身です。

 

ノウハウを聞いたり、やり方を教えてもらうと「この通りにやれば誰でも成果が出るんだ!」と考えてしまいがちですが、そうではありません。

 

自分のビジネスに当てはめて、どこまで落とし込めるかが重要になります。

ですので、どんなに画期的なビジネスのやり方やアイデアがあったとしても、主体的に考えていきましょう。

つまり、自分のお客様のために、このノウハウをどのように使っていけばいいのかな?と想像することです。

 

周りの成果は関係ない

ついつい、周りの成果のスピードや、売り上げを気にしてしまいます。

その気持ちよーーーく分かります。

私もそうでした。

 

成果を出している人は、周りの成果はまったく気にしていません。

常に自分のお客様にとって何をしたらいいかな?必要とされるサービスは何かな?と言うことを考えています。

結果、その方が早く成果が出ます。

 

あなたにお金を払ってサービスにお申し込みをするのは『お客様』です。

その意識は常に持っていきましょうね!

 

起業ドリームは存在しない

ここまで、起業の裏側と、成果を出すための行動についてお話をしました。

ついつい甘い言葉に流されそうになりますが、起業ドリームというのは存在しません。

いつの時代も、成果を出している人は自分とお客様にきちんと向き合い、コツコツ着実に行動をしてきた人です。

周りのことは気にせずに、しっかり安定してビジネスをつくっていきましょうね^^

 

 

 

無料メール講座では、

【お客様に伝わるセールスのつくり方】をご案内しています。

セールス手順書もついている無料メール講座は7日間で

あなたのビジネスに役立つ方法をお伝えしています。

 

<こんな方におすすめ>

・今より売り上げを上げたい

・お客様にリピーターになっていただきたい

・お客様との長期的な信頼関係を築きたい

オフラインでの集客を知りたい

オフラインでのセールスが知りたい

商品単価に悩んでいる 

高額商品を売りたい

本業として稼ぎたい

 

<セールスメール講座だけのプレゼント内容>

・安定して収益を上げるための3ステップPDF

・顧客リサーチ方法5選!PDF

・読者がつい引き込まれる

コピーライティングテクニックPDF

・超理論的!セールスの手順書PDF

ほか多数・・・

 

<ご興味あれば、ご登録ください!>

(クリック)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です