【起業】自分の商品の値段を決められない時の対処法

起業をするとどうしても出てくる「値付け」の問題。

高額商品を作って売った方が、自分のビジネスは安定するけど、高すぎるとお客様に買ってもらえない・・だから安くしちゃおうかな・・

なんて思っている方も多いですよね。

意外に難しい、商品の値段。

今日は、安売りをせずに抵抗感なく商品の値段をつける方法をお話します。

 

自分の商品に自信をもって値段をつける方法

実績のある競合と比較して遠慮しない

あなたの商品価値を決めるのはあくまで”お客様”です。あなた自身ではありません。

既に同じ分野で、ビジネスをして成功している方はたくさんいます。

その中で、あなたが勝手に「この人よりは実績ないから、金額安めにしよう」と考えるのはやめましょう。

実績を積んでいく中で、商品の値段を高くすることはありますが、最初から競合に遠慮をする必要はありません。

重要なのは、その値段でもお客様から「欲しい!」と言われる”商品価値”を感じていただくことです。

 

 

この値段だったら最強コスパでしょ!と言える商品をつくる

商品の値段をつけたときに、自分がお客様にセールスする場面を考えてください。

「この値段で、買わないなんてもったいない!」と言えるくらい、あなた自身が商品内容に満足しているでしょうか?

商品の内容、特典、サポート期間など、お客様が欲しいと思えるものが揃っていますか?

もし、「自信がない」「そこまでコスパ良いとは思えない」のであれば、見直す必要があります。

今の自分が最大限、お客様にできることを元に考えていきましょう。

 

 

お客様が買える値段をつける

もちろんですが、市場やお客様が買える値段からかけ離れすぎるのはNGです。

自分が「コスパ最強でしょ!」と思える値段でなおかつ、お客様が買える金額です。

ここで大切なのは、「自分のお財布で考えないこと」です。

自分の生活基準に照らし合わせてしまうと、自分の商品価値が見えにくくなります。

 

お客様は、価値があると感じるものには、お金を払います。ローンを組んででも払います。

(マンションや戸建てを買うのは典型的な例ですね)

ポケットマネーで買える値段が全てではないことを頭に入れておきましょう。

 

商品価値を伝えることと、「欲しい」と言われる関係になること

どんなに良い商品でも、お客様にその価値が伝わらなくては売れません。

「これだけのお金を払う価値がこの商品にはある」ことを見込み客に伝え続けましょう。

 

そして、もう一つ大切なことがあります。それは「あなたから買いたいと思っていただけること」です。

つまり、お客様との信頼関係です。

商品価値が伝わっていても、お客様との信頼関係が成り立っていないと「ほかの人から買います」となってしまします。

商品価値と同時に”あなた自身の信頼度”もしっかり伝えていきましょうね!

 

 

具体的な集客やセールス方法は、メルマガ読者様だけにお伝えしています。

ご興味のある方は、無料で受け取って下さい。

 

 

今すぐお悩みを解決したい方はこちらをどうぞ!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です