〜関わる全ての人に誇れる事業を〜

高額商品の作り方3ステップ①「ネーミング」

    
no image
\ この記事を共有 /
高額商品の作り方3ステップ①「ネーミング」

趣味の範囲を超えて、ちゃんと収入を得られるようになりたい!

と考えている女性起業家のためのブログです。

コーチ、コンサル、カウンセラー、スピリチュアル、占い師など…

形のないサービスで起業したいという方にお役に立つ内容となっております。

ところで、あなたは誰?という方はこちらのプロフィールをご覧ください。

では、本題に参りましょう!本日のテーマは【高額商品に向いているビジネス】について。

では、行ってみましょう〜!!

【高額商品の具体的な作り方3ステップ〜】

ワークがついていますのでぜひ取り組んで、あなただけの高額商品を作ってみてください。

まず、高額商品の定義ですが、私は、30万円以上としています。

ただ、これは業種やビジネスモデルによって変わってきます。

例えば、1回の単価を低めにして、そのかわり、お客様と長くお付き合いして、

長い目で見ると、一人当たりの単価が高くなっていればいいよね〜という考え方。

信頼関係を作っていきながらリピートをしてもらう、という方法です。

これ、よく間違われがちなのですが、ビジネスは、一人のお客様に1回買ってもらったら終わりじゃないですからね!

「何度も、買ってもらうのは申し訳ない」

「成果を約束しているのに、継続させるのは、お客様が満足していない証拠」

なんてことは一切ありません。

あなたが、リピートして商品を買うときのことを思い出してみてください。

一度買って、よかったからまた買うわけですよね。ビジネスも同じ。

形のないサービスであっても、お客様は、あなたから買ったことに満足しているから、また、買いたいと思うんです。

まずは、この、リピートしてもらうことが良いこと、というマインドセットは持っておいてください。

(ここは、重要な部分なのでまた別の機会にお話しします)

最初に考える項目とは?

さて、話を戻します。

高額商品の定義は30万円以上としていますが、最初作るときは10万円くらいでもいいと思います。

自分がハードル低く頑張れて、確実に狙える目標を設定して、それをクリアしていくほうが、自信に繋がりビジネスが楽しくなってくるからです。

ただし、あまり低い金額設定にすると、客数を取らないといけなくなり、お客様へのサービスの質が落ちます。

詳細については、こちらの記事に書いています。

なので、自信がない方はまずは10万円くらいから始めるのがオススメです。

では、高額商品を作るにはどうしたらいいのか。

高額商品には3つの要素があります。

1)ネーミング

2)金額

3)内容

です。

この3つの要素を一つずつ作っていきます。

あなたは、一番最初に考える要素は

なんだと思いますか?

正解は・・・

1)ネーミングです!!

なぜかとうと、商品のネーミングで

売れるかどうかは8割決まると言われているからです。

ネーミングを変えただけで爆売れする理由

世の中で売られているヒット商品。

実は、ネーミングを変えただけで売れまくったという事例がたくさんあります。

例えば、

缶入り緑茶→「お〜いお茶」に変えて売上6倍

モイスチャーティッシュ→「鼻セレブ」に変えて売上10倍

など、中身は変えずにネーミングを変えただけで売れ行きは変わるのです。

これは、形のないサービスでも同じこと。

むしろ、形のないサービスだからこそ、

ネーミングを見てもらったときに

「私のための商品だ!」

「これ、欲しい!」とピンときてもらうことが大事なんです。

でも、どうやって?って思いますよね。

人がものを買うとき、何を考えているかというと、「この商品は、私に合っているの?」ということです。

数ある似たような商品の中で、あなたの商品が、お客様にとってぴったりの商品であることを示してあげないといけないわけです。

しかも、商品名でピンときてもらうことが大事なんですね。

なぜかというと、商品名で「私のための商品だ!」と興味を持ってもらえれば、内容にも興味を持ってもらえるからです。

逆に、商品名でピンとこないと、内容を説明されても、「ピンとこない感覚」が積み重なり、「欲しい」という感情まで辿り着けなくなります。

【ネーミングの考え方】

では、商品名の考え方です。

商品名で「私のための商品だ!」とピンときてもらうことが大事なのですが、

では、どうしたらピンときてもらえるか、ということなんですね。

この講座シリーズの【ターゲット設定】のところで話しましたが、

お客様が行動する動機は痛みを避けて、快楽を求めるため、でしたよね。

つまり、悩みを解決してくれて、理想の状態まで連れていってくれる商品を探しているわけなんです。

ということは、、、、

ネーミングを考えるときは

「あなたをこんな理想まで連れていく商品ですよ!」ということを伝えてあげればいいんです。

この商品は、私をこんな理想まで連れて行ってくれるものなんだ!とネーミングの時点で思っていただくことができれば、内容への興味もグッと上がります。

ターゲット設定をしたお客様は、どんな理想を手にしたいと思っているでしょうか?

どんな未来を思い描いているでしょうか?

ぜひ、ワークをしながら考えてみましょう!

【ワーク】

①あなたのターゲットの理想をできるだけ具体的に書き出しをしてみましょう。

②その理想を含めた商品名を考えてみましょう。

<ポイント>

・商品の内容や、金額を考えてはいけません。あなたのお客様が欲しい未来をとことん考えます。

・あなたが、できるかどうかは考えてはいけません。お客様は、自分が欲しい未来にお金を払います。

あなたが、できるかどうかには興味がないので一旦、「自分ができるか」は置いておきます。

・商品名は長くなってOK!短くかっこよくして、伝わらないものよりは長くなってもいいので伝わるネーミングにします。

・横文字乱用禁止。つい、カッコいいカタカナを使いたくなりますが、伝わらない可能性が高いです。伝わる表現にしてみましょう。

・より具体的に。より数値化、言語化する。抽象的な表現は人によって受け取り方が変わるのでできるだけ、具体的な言葉にします。

数字を使えるなら、数値化するのもオススメ。

例)

3ヶ月で売上10%UPさせるセールスの手順をマスターするコース

6ヶ月で人見知りを克服し、初対面でもファンがつく自己紹介のスキルを

身につけるマンツーマン喋り方講座

などなど。

※ノートとペンを用意して、手を動かしてください。思考の活性化になります。

※具体的にするには、どのような表現がいいのか、言葉遣いにも気にして書いてみましょう。

※考え続けることが大事!最初はうまく書けなくてもOK.

※思い付かない場合は、ターゲットに近い人にインタビューをしましょう!

ネーミングを考えるときは、自分の頭の中で考えるよりも、雑誌や本のタイトルを参考にするのもオススメ!

ぜひ、お客様がグッとくるネーミングを考えてみてくださいね!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright©Chika|凛音株式会社,2022All Rights Reserved.