【起業1年目】高額商品を売ることに抵抗がある場合の対処法3選!

ビジネスを本業として、売上を伸ばしたいけど、売上がなかなか上がらない。

1万円以内の商品なら売れるのに、それ以上になると、売ることに抵抗を感じてしまいお客様におススメすることが出来ない。

起業1年目は特に、高額の商品(個人ビジネスで30万円)を売ることに抵抗感や、罪悪感を感じてしまいがちです。

この記事では高額商品を作り、セールスすることへの抵抗感をなくす方法とそのメリットをお伝えします。

 

高額商品を売るのに経験年数は関係ない

「自分はまだ実績がないから」

「始めたばかりなのに高い商品が売れるわけがない」

「起業して、いきなり高額商品を売ろうとしたら、お金儲けの為と思われそうだ」

というネガティブな気持ちが先に来てしまいます。

その結果、売れない→価格を下げる→多くの集客が必要になる→稼げない・・・

というループに陥ってしまうのです。

 

起業の経験年数や、実績は価格設定に関係しません。

なぜなら、商品価値を感じてお金を支払うのはお客様だからです。

 

つまり、お客様に「価値のある商品だ」と感じてもらえれば、たとえ、30万円でも50万円でも、100万円でも売れるわけです。

 

抵抗感の正体

起業初期に、なぜ高額商品を売ることに抵抗感を感じてしまうのか。

その原因は主に3つです。

 

1.新参者の自分は、まだお金をたくさんもらう段階ではない、という漠然とした位置づけをしてしまっている

2.お客様に満足していただけなかったらクレームになりそうで怖い(安い商品ならクレームにならないかも)

3.自分のお客様は、そんなにお金を持っていないと思う

 

 

実は、この3つの原因はどれも、自分が頭の中で考えているだけの「不安」に過ぎません。

この不安をそれぞれ解消すると、抵抗感なく高額商品であっても売ることが可能になります。

 

 

高額商品を売るのに経験年数は関係ない

お客様は、あなたのビジネス歴で、お金を払う・払わないを判断していません。

あなたから買いたいと思っていただけるかどうかです。

つまり、あなたの商品に価値を感じていただけるかどうかが、重要になります。

 

自分で、まだ経験が浅いから・・

お金を頂く段階ではないから・・

と考える必要はありません。

 

 

実は、高額商品の方がクレームにならない

自信がないから、価格を安くしてしまうのは実はリスクが高いというのは知っていますか?

価格を安易に下げてしまうと、お客様は「価格の安さ」に魅力を感じます。あなたの商品の本当の価値や、自分にとって必要なものかの判断が甘くなり「とりあえず安いから買った」という状態になってしまうのです。

その結果「こんなはずじゃなかった」「思っていたものと違った」というように、認識にずれが生じてしまいます。

 

一方、高額商品はどうかというと、「これだけお金を払う商品は一体どんなものなんだろう」「自分にとって本当に必要なものなのだろうか」とお客様も自分事としてしっかりと判断をします。

そして、本当に買いたい!と思った人だけが購入に至るので結果としてクレームに繋がらなくなるのです。

 

あなた自身も、高額商品を作って売る場合、気の持ち方が違ってきます。

「これだけ、お金を頂くのだからもっと質を高めよう」「お客様に満足していただけるものにしよう」と商品の質を上げる行動をとると思います。

お客様もあなた自身も高額商品があることによって、満足する結果が得られると言うことになります。

 

自分の財布で考えない

高額商品を売ることに抵抗がある場合、多くの方が「お客様はこんなにお金を持っていない」と考えてしまいます。

実は、こう考えていしまう根底には「自分だったら高いと思ってしまう」と考えがあります。

 

ですが、お客様は価値を感じたものにはお金を払います。

一軒家や、マンションをローンを組んでも買うのと同じように「その商品を手にして、その先の未来に価値を感じる」ことが出来れば、お金を支払うのです。

お客様のお財布事情は正直わかりません。

お客様が、払える金額かな?と考えるよりも、高額商品であっても、満足して購入していただけるように、商品の質を上げることを優先させていきましょう。

 

 

 

具体的な集客やセールス方法は、メルマガ読者様だけにお伝えしています。

ご興味のある方は、無料で受け取って下さい。

今すぐお悩みを解決したい方はこちらをどうぞ!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です